アジー 通販イープラス

アジー100mg(ジスロマックジェネリック)60錠

アジーは、インドのシプラ社が製造販売しており、細菌をやっつける抗生剤です。また、ファイザー社が製造販売しているジスロマックのジェネリック薬になりますので、安くお買い求めいただけます。ジスロマックは、日本でも医薬品として認可が下りています。 細菌感染による咽頭・喉頭炎や扁桃炎、マイコプラズマなどによる肺炎、性感染症の1つの原因であるクラミジアなどに効果があります。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー250mg(ジスロマックジェネリック)10錠

クラミジア菌による性感染症などに対して効果のあるアジスロマイシン250mgを配合したジェネリック医薬品です。マクロライド系抗菌薬に分類されます。長時間効果が持続するため、場合によっては1回の投与で治療が終了します。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー500mg(ジスロマックジェネリック)30錠

尿道炎の原因クラミジアや淋病の第1選択治療薬ジスロマックの低価格ジェネリック。症状が出たら2錠を飲むだけで数日に症状が治ります。成分アジスロマイシン配合の人気の抗生物質です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー1000mg (ジスロマックジェネリック)10錠

ジスロマックジェネリックは淋菌やクラミジア、大腸菌など、様々な菌を退治する抗生物質です。これらの菌が原因で発症する尿道炎や子宮頸管炎といった性感染症をたった一度の服用で簡単に治してくれます。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ジスロマックジェネリック100mg(シロップタイプ)

アジスラルは飲むタイプの抗生物質です。マクロライド系の抗生物質であるアジスロマイシンを100mg配合しており、クラミジアやマイコプラズマなど様々な感染症に効果を発揮します。その抗菌効果作用が長いことも特徴です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ジスロマック・ジェネリック200mg(ドライシロップ)

お子さんからご年配の方まで服用いただけるアジーDRY SYRUPは、飲むタイプの抗菌薬です。マクロライド系抗生物質で有名なジスロマックのジェネリックで、クラミジアやマイクロプラズマだけではなく、尿道炎や呼吸器感染症の治療にも有効です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


お薬についての雑学

狭心症といった心臓病に処方されることが多いニトログリセリンを始めとした硝酸剤を飲んでいる方は、どんなことがあってもシアリスを使うことはご法度です。
食事と同時並行、もしくは食事終了直ぐにレビトラを服用しますと、効果の出現が遅くなったり半減したり、最悪全く効果がないという時もないことはないのでご注意下さい。
年齢を積み重ねるほどに薄毛や髪の毛の量の低下に苦労する人が多くなります。そうした方は血の循環を促進し、頭皮環境を健康的にしてくれる育毛剤を愛用する方が賢明です。
トリキュラーというのは、低用量ピルのひとつです。含有されている成分が排卵を抑えたり、精子の侵入を封じ込んだりするため避妊の効果があるのです。
緑と青の中間色の錠剤で知られているカマグラゴールドは多くの国々で使用されており、ED治療薬のエースとして有名なバイアグラのジェネリックです。

頭皮環境を正常にして、抜け毛などを抑制する働きがあるのが育毛剤になります。TVでよく目にする商品の他にも肌を傷つけることのないものが色々売られています。
ジェネリック医薬品には味に改良を加えた物やサイズダウンしたもの、錠剤だったりシートを改良したもの、更には飲み易さや薬間違いに対する工夫が施されているものも増加しています。
人生初でトリキュラーを摂り込む場合、ないしは摂取するのを止めていて再開するような時、第1周期目の一週間はその他の避妊方法も併用することが必須です。
ルミガンと一緒の有効成分ビマトプロストが内包されているジェネリック医薬品である「ケアプロスト」も人気を博しています。女性向けのまつ毛育毛剤になります。
食事に影響を受けるということがほとんどなく、最長35時間前後効果が持続することから、いろんな方がそれまで服用していたED治療薬をシアリスに乗り換えたそうです。

ケアプロストに関しましては早産であったり流産になる危険性があるということなので、子供を授かったまたはその可能性のある女性は、ケアプロストを決して飲んでしまわないようしましょう。
子宮頸がんに見舞われる確率が高いと言われるのが30歳前後なので、ピルを使っている人は一年に一回子宮がん検診を受けるべきです。
医療用医薬品から見れば、一般用医薬品はお薬自体の有効成分の混入量を少量にしているために、薬の効き目が控えめであると言えます。ネットでも買うことができます。
アフターピルというのは日頃の避妊法として使用すべきではありません。やはりどうしてもという時に使用するアシストだと考えるべきだと言っていいでしょう。
今までに使用したことのない人が育毛剤を使ってみると言うのであれば、男性用のものと比較して保湿効果に優れ負担の少ない女性向けに作られている育毛剤を推奨します。