イトラコナゾール 通販メンション

イトラコナゾール(イトリゾール錠100mg)

爪水虫の治療薬イトラコナゾール配合のお薬でイトリゾール錠のジェネリック医薬品です。市販のお薬や塗り薬では治らない爪水虫にも有効性の高いお薬で、皮膚科でも処方される抗菌薬です。

最安値を販売ページでチェック
水虫・カンジダ症の薬一覧はこちら
 


イトラコナゾールの概要

イトラコナゾールは決められた期間、継続的に服用することで効果を発揮する薬です。
服用方法には2種類あり、毎日1錠ずつ服用する方法と、1週間は多めに服用し、3週間は服用しないというパルス療法があります。
パルス療法は飲んだり飲まない時期がある変則的な服用方法で、薬を飲んだ後体内から排出されるところ、爪だけには薬が残ります。
この性質を活かして爪水虫に対して使われている療法になります。
薬の服用期間が短く済み、爪の中の薬剤濃度も高まるので、爪水虫を抱えている方にとってはメリットが大きい療法です。
イトラコナゾールを飲む場合は、空腹時に飲んでも吸収率が悪くなるので食直後に服用するようにしましょう。
錠剤の場合は食直後ですが、同じイトラコナゾールでも内服液の方は吸収率が高いため、空腹時に服用する必要があります。
剤形によって飲み方が変わるので、確認しておきましょう。
また肝臓や腎臓に持病を抱えている方は、医師に血液検査をしてもらったうえで処方してもらうのが通常です。
妊婦は胎児に影響が出る可能性があるので、妊娠を希望する女性は先に治療を終えるのか、どちらを優先するのか計画を立てましょう。
副作用は肝機能障害や胃不快感、発疹などが報告されています。
特にイトラコナゾールは相互作用を起こしやすい薬で、飲み合わせに注意すべき薬が非常に多くあります。
飲み合わせによっては前途の副作用を強める可能性もあるので、別の病院で治療を受ける際に必ず伝えてください。