バスパー 通販ソリューション

(バスピン)バスパージェネリック5mg




(バスピン)バスパージェネリック10mg




(バスピサバ)バスパージェネリック5mg




(バスピサバ)バスパージェネリック10mg




(バスピロン)バスパージェネリック5mg






バスパーの概要

バスパーは全般性の不安障害を治すのに効果的な成分である「塩酸ブスピロン」が含まれた医薬品です。
薬の分類としては「非ベンゾジアゼピン系」に属し、脳内のセロトニンの量を増やす効果があります。

バスパーの有効成分である塩酸ブスピロンは、日本ではまだ認可されていない成分で、医療機関においても取り扱われていませんが、海外においてはメインと言っても過言ではないほど様々な場で用いられている成分です。

心当たりがないにも関わらず切れ切れに不安を感じたり、予期せぬタイミングで緊張や焦りを覚えるといった「全般性不安障害」、気分がふさぎこみがちになる「うつ病」、眠れなくなる「睡眠障害」など、複数の症状を改善するために用いられます。

バスパーは「セロトニン5-HT1A受容体部分作動薬」という名称でも呼ばれます。
その名の通り「セロトニン5-H1A受容体」という箇所を特定的に選んで機能を促進し、感情の動きに関係する神経伝達物質である「セロトニン」の活動を調整することによって不安な気持ちを解消する効果を発揮します。
それに合わせて「ノルアドレナリン」および「ドーパミン」といった心身を活性化させる神経伝達物質も改善して正常化させる効果にも期待できます。

上述したとおり不安の解消を図ることができますので、昂ぶった感情を落ち着け、睡眠障害の改善を行なうことも可能です。

最後にバスパーの服用に際しての注意事項について紹介します。
パーキンソン病を患っている方、妊娠されている方、高齢者、内臓疾患のある方、他の精神治療薬を現在用いている方、抗ヒスタミン剤を現在用いている方はバスパーの服用をお控えください。