クラリス 通販コンソール

クラリス錠ジェネリック(クラリスロマイシン)

クラリスロマイシン(クラリス錠)の有効成分がクラミジアなど多種多様な細菌の増殖を防ぎます。急性気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症や、胃潰瘍や胃がんの原因といわれているヘリコバクター・ピロリ菌の除菌にも使用されます。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


クラリスの概要

クラリスはマクロライド系に分類される有効成分クラリスロマイシンを含んだ抗生物質になります。胃潰瘍や胃炎、十二指腸潰瘍等の原因とされているヘリコバクターピロリ菌の除菌、クラミジア等の性感染症、呼吸器感染症といった広範囲の治療に用いられています。

有効成分クラリスロマイシンを服用することで体内の細菌内に取り込まれ結合し、タンパク質生成に必要とされているタンパク合成開始複合体の機能を阻害し、タンパク鎖の伸長をさせないようにし、細菌が大きくなろうとするのを阻止し、感染を治療します。

エリスロマイシンといった従来のマクロライド系抗生物質と比べて、胃酸によって大きな影響を受けず安定性が高いので、血中濃度を高く維持できる特徴があります。抗菌スペクトルは広く、グラム陽性菌、一部のグラム陰性菌、嫌気性菌、クラミジア、レジオネラ、マイコプラズマといった非定型菌等に効果を発揮します。

副作用は少ないほうですが、下痢や軟便、吐き気や嘔吐といった症状があります。症状が軽ければ特に気にする必要はありませんが、症状が重くなり続く場合は服用を中止し、受診するようにしてください。
アレルギー反応が引き起こされる可能性は低く、ペニシリン系、セフェム系の抗生物質に対してアレルギーがある方であっても、注意しながらにはなりますが、使用が可能となっています。ただし、飲み合わせ等で相互作用が引き起こされやすい特徴があるので、すでに薬を服用している場合は、事前に医師や薬剤師に確認するようにしてください。