イミグラン 通販リサーチ

イミグランの服用方法は頭痛が起きた時に飲みますが、ポイントはできるだけ早い段階で服用を開始することです。
頭痛の前兆が起きた時は頭痛が始まった直後、前兆がなく突然起きた時は10分以内に服用すると効果的です。
ただし予防薬ではないため、頭痛が来ていないのに普段から飲んで対策するといった飲み方はしません。

飲みはじめに喉や胸につかえ感や圧迫感、ふわふわとした感覚が現れるケースがあります。
大体は一時的なものであまり心配しませんが、毎回これらの症状がある場合はかかりつけ医に相談しておくと良いでしょう。
特に胸の痛みや動悸がある場合、心電図の検査を受けるケースもあります。

イミグランは通常50㎎の1錠を服用しますが、効果がない場合は時間を空けて追加服用を行うか、次回から100㎎を服用します。
追加服用は2時間以上時間を空ければ問題ないとされていますが、1日に200㎎以上を超える服用は避けておきましょう。
またイミグランは眠気が出ることがあるため、服用後に車の運転を行う、危険な作業などは行わない方が良いでしょう。

副作用は動悸やめまい、吐き気や倦怠感などが報告されています。
また普段から鎮痛薬や頭痛薬を多く使用している方は、使用過多で薬剤性頭痛が発生する可能性があります。
薬を飲んでいるのに全く効果がない、または悪化する場合は医師に相談しましょう。

薬剤性頭痛以外にも、薬が効きにくいタイプの頭痛の可能性もあるでしょう。